コストコ熊本の最新情報はこちら!

【1日花】ハイビスカスの意外な生態解説!【暑さに弱い?】

https://halhalcom.com/wp-content/uploads/2019/07/まるめNEW.png

こんにちは!まるめです。

今年も全国的に大雨が多いですが、

もうしばらくすると梅雨明け! やっと夏が来ますね。

  

我が家の ” 夏”といえば、3年前からハイビスカスを育てています。

那覇空港で挿し木が売ってあり、自分のお土産に購入したもの。

買った当初は、ただの枝でした。
昨年の夏のハイビスカス。大きくなって、とっても元気です。

このハイビスカスたちも、夏が近づいてくると毎年きれいな花を咲かせてくれます。

  

その元気に咲いている花を見るだけでも、

パッと元気を貰えるハイビスカス。

  

実は、たくさんの秘密が隠されています。

ハイビスカスとはどんな花?

まず、ハイビスカスの基本データについて!

  • 学名:Hibiscus
  • 科名:アオイ科
  • 属名:フヨウ属
  • 原産地: ハワイ諸島、モーリシャス島等
  • 和名: ブッソウゲ(仏桑花・扶桑花)
  • 開花期:6~10月
  • 花色:ピンク、赤、オレンジ、黄色、白、青、紫

一般的なハイビスカスのイメージは、真っ赤なものではないでしょうか?

実は、ブルーやホワイトなど、たくさんの花色があります。

素敵ですね。

  

また、南国沖縄では一年を通して咲いているため、

沖縄の象徴!と思いがちですが、

実は、原産地はハワイ諸島などになっています。

(ちなみに、沖縄の県花は”デイゴ”です。)

ハイビスカスの不思議!びっくり!

ハイビスカスは観賞用、だけではない!

きれいな見た目だけで十分なくらいな花ですが、

実は、ハイビスカス

栄養豊富食用としても利用されています。

   

「ハイビスカスティー」をご存知でしょうか?

ローゼルというハイビスカスの仲間のガク部分を乾燥させたもの。

  

ビタミンCやカリウムを多く含み、

美肌効果・疲労回復・二日酔い改善 があります。

これからの暑い季節に、バッチリな効能ですね。

  

また、カフェインが含まれていないため、

妊婦さんも安心して飲むことができます。

   

ハイビスカスは、一日しか咲かない花

うまく育ててあげると、

ポンポンと毎日開花してくれるハイビスカスですが、

実は、朝に咲いてその日のうちにしぼんでしまいます

これは”一日花”と呼ばれるもので、

身近な花だと、アサガオも一日花です。

   

このため、私がハイビスカスの開花を見れるのは、休みの日だけ。

平日の仕事おわりに、

しぼんだ花をみて「今日もがんばって咲いたんだね~」と思う日々です。

ハイビスカス 実は、暑さに弱い?

南国のイメージなハイビスカスですが、

こう見えて暑さに弱いです。

  

35℃を超えるような猛暑の日や、

強い日差しを浴び続ける場所では、すぐに弱ってしまいます。

  

どうやら、日本のじめっとした夏は苦手なよう。

   

夏=ハイビスカスのようなイメージでしたが、意外な弱点ですよね。

ハイビスカスの耳飾りは、つける位置に注意?

ハワイや沖縄に旅行に行ったとき、

ハイビスカスの花を耳飾りにすると素敵ですよね。

 

何気なく、 つけてしまいそうな花飾りですが、

つける位置によって意味合いが変わってきますので注意!

   

左耳は、「既婚者・パートナーさんがいる方」

右耳は、「独身・彼氏募集中の方」

  

指輪の考え方と一緒です!

これは、プルメリアなども一緒です。

頭の片隅にあると、役立つプチ情報です。

おわりに

想像以上に栄養いっぱいで、でも儚くて弱い…

ハイビスカスっておもしろい花です。

  

これからの夏、ハイビスカスを見かけたときに

ちょっとでも思い出していただけたらうれしいです。

 

https://halhalcom.com/wp-content/uploads/2019/07/まるめNEW.png

これからの夏、頑張って乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です